« April 2006 | Main | July 2006 »

ロッシがMotoGPに残留

ロッシがMotoGPへの残留を表明したみたいです。今シーズン5戦終って今までに無い悲惨な成績(悪運が重なってるだけですが)が続いてますから、流れを変える意味もあって今の時期の発表なのかな~と思ってしまいました。

F1にチャレンジするロッシも見てみたい気もしますが、やっぱり誰か若いライダーがロッシと真っ向勝負で、王座から引きずり下ろしてもらいたいと思っているので、その為にはあと数年はGPで頑張ってもらわないと。と言っても、引退するまで勝ち続けるかもしれませんけどね~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

NEWスーパーマリオブラザーズ

Mario newスーパーマリオ買いました!DSLを買う時から欲しいと思ってまして、ついに来た!って感じです。

やってみた感想ですが、オモシロイです。操作は基本的に昔のスーパーマリオのまんまで操作しやすいですし、なんか陽気で良いですよ。気楽に遊べるのが嬉しいですね~

話は変わって任天堂の次世代ゲーム機「Wii」について、任天堂から¥25,000以上は無いとの発表があったみたいですね。まぁ所詮ゲームですから、これ位の値段で抑えてほしいですよね。ちょっと安心ですよ。

ソニーのPS3が、廉価版でも¥60,000以上(税込)になるみたいなんでWiiも高くなるのかな~と思ってましたが、任天堂はゲームのポジショニングを見誤ってないみたいですね。

ソニーはブルーレイを売らないといけないんで大変なんでしょうけどね・・・でもゲーム機の値段ではないと思います。大体今のところDVDの画質に不満は無いし。HD-dvdとの規格争いもまだまだ先が見えない状況で、大枚はたいてPS3を買うのはリスクが高すぎるような気がします。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

ペドロサ初優勝

06chidani 06motogp第4戦中国GPでルーキーのダニ・ペドロサが優勝した!私は同じルーキーのストーナーを応援してたんだけど先を越されたね~

まぁペドロサはルーキーと言っても、すでに125&250の2階級制覇してますし、ポストロッシの最有力かな?とは思ってましたけど・・・それにしても4戦目で優勝とは凄いライダーですね。レース内容も同じチームのエース、ヘイデンに競り勝ってますし言う事無し。欲を言えばロッシがトップ争いに加わってるレースであれば完璧だったのですが、今回のGPはロッシのマシンが絶不調!でしたからね~。

しかし気が付けば今回2位になったヘイデンがランキングトップですよ~今のところ優勝は無いですが全戦表彰台と昔のローソン並の安定っぷり。かなり前に125で優勝無しでタイトル取ったライダーもいましたし、ヤマハの不調が続けばひょっとするかも・・・まぁ勝星の少ないチャンピオンってのは最高に面白くないですけどね~

どちらにしても今年は若手ライダーが面白い!ペドロサ&ストーナーにはもっともっとシーズンを引っ掻き回してほしいですね。あと玉田が今回6位と復活してます。日本勢にも頑張ってもらいたいな~今年はカワサキ中野の優勝が是非見たいと思ってます。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

京都は良いね

昨日は久しぶりに京都に行ってきました。ご先祖様のお墓まいりもかねて。

しかしメインは京都で懐石を味わうこと!事前に下調べをして烏丸御池の名店と言われているお店を予約しました。ポケット地図を片手にお店に到着。カウンター席の店で、次々と板前さんから料理が出されます。

やっぱり旨いですね~京都での本格懐石は初めてだったのですが、日本料理ってやっぱり良いですよ。このシンプルで繊細な味は日本人に生まれて良かったと思う瞬間ですね。

その後お墓参りをし、豊臣秀吉の正妻ねね様が開かれた高台寺に行きました。広大な敷地に数々の日本建築、やはり天下人は違うね~と実感。そして日本建築のシンプルかつ繊細なデザインに、懐石料理と相通づるものを感じました。やっぱりこれが日本の文化やね。しかし現在では防火関連の規定により、新たにこのような建築物を建てることは出来ないので、これらのものを残して行くことは重要ですね。

その後、1日バス乗車券もあるので銀閣寺へgo。しかし到着すると門のとこで警備員さんが「あと30分で閉館ですよ~急いで下さい~」と叫んでまして、周りの皆さんが走っておりました。駆け足でお寺を見てもアホらしいので、門の近くの茶屋でお団子食べて今日は終わり。又の機会に行こっと。

その後、河原町近辺で鰻を食べてから帰路につきました。京都は食べ物が美味しいし最高ですね~

| | Comments (0) | TrackBack (0)

« April 2006 | Main | July 2006 »